護光聖霊金剛杵・光瑠璃 (こるり)

『護光聖霊金剛杵・光瑠璃 (ごこうせいりょうこんごうしょ・こるり) 【2015年5月発売】

透明「みなさ〜ん!大変お待たせいたしました(^O^)/ 煌炎18金バージョン!!護光聖霊金剛杵・光瑠璃!完成いたしました〜〜〜♪

 今回は、新たな効果が盛りだくさん過ぎて、制作にかなり時間がかかり、昴も私も精魂込めすぎてフラフラですが(汗)

 その分、とてつもない法具を完成させることができましたので、早速紹介していこうと想いま〜〜〜す♪

 ちなみに光瑠璃の効果範囲は通常半径15メートルですが、使い方によって効果範囲を変える変わった法具なので、説明をしっかりと読んでくださいね〜!」


★悪鬼・羅刹・悪魔・悪霊・邪霊・霊道除け

従来の煌炎が持つ能力の1つであった、悪霊や邪霊を寄せ付けない効果ですが、まずは、ここからですよね!

光瑠璃は、この効果範囲を大幅に引き上げ、半径15メートル以内悪霊や邪霊を近づかせない効果があります。

そして光瑠璃には煌炎が持つ効果はもちろんのこと、それ以外にも様々な災いをもたらす存在を除ける能力が装備されています(^O^)

そのひとつが、悪鬼や羅刹・悪魔との契約を破棄し、寄せ付けない効果です!

もともと、悪鬼や羅刹・悪魔など魍魎と呼ばれる存在は、普通の生活の中では関わりが薄い存在のように感じますが、意外にも、人の欲望や欲求が高まっている時に突然生まれることや、引き寄せられてくることもあり、自分の知らないところで勝手に契約を結ばせられている!なんてこともあります(汗)

これらの契約は、1つの事柄が達成したあかつきには契約代償の回収事項が発生し、幸せから一転、不幸へ一気に落とされることもあり、かなり危険です。

そして、その契約の恐ろしいところは、最悪の場合、契約者が亡くなった後でも契約が切れずに世代をまたぎ、連綿と続いてしまうことで、末代まで苦しめられてしまうこともあります(>_<)

これらの契約は通常、自分では切ることが難しく、かなりの代償を支払わなければならないこともあり、専門家などに相談し対処しなければならないものになってしまいます。

私の所にもこの様な案件が意外に多く、契約を終わらせるのに苦労した覚えもあります(汗)

そこで、この光瑠璃の出番です!

光瑠璃には、中央に特殊な金剛杵 (独鈷杵) を配し、人と仏様を繋ぐ強力な護光を放つため、相対する存在である悪鬼や羅刹・悪魔との契約は断ち切られ、そのモノを寄せ付けない力を与えてくれます。

使い方もいたってシンプル。

ただ、光瑠璃を3日間、装着もしくは2メートル範囲内に持つようにしていただければOK!

3日で確実に契約は切れ、相手も契約した方の存在を認識できなくなりますので、安心してくださいね。

もし、皆さんの中に人生が一転してしまった経験がある方や、何をしても何かに邪魔されてしまい上手く行かないと感じる方、

今後の人生に無用な心配をしたくないという方には、光瑠璃はオススメですので、御一考いただけたらと想いま〜す(^O^)

次に、新しい効果である霊道(レイライン)を除ける効果ですが、実はコレに悩まされている方が意外に多く、昴に無理言って光瑠璃の効果に付属させました。

霊道というのは、いわゆる亡くなった方々が通る道!

その道は、その年その年でコースを変え、突然、一般のお宅の中に道ができてしまうこともあり、霊が家に留まってしまうこともあります(汗)

この道は、空中に出現することもある為、マンションの上層に住んでいても道ができてしまうこともあり、正直、読めない道と認識しなければなりません(汗)

一般的には、風水環境が整っている家や聖域、仏様や神様に守られている敷地等には入ってこないモノなのですが、実は近年、住宅や建物が密集しているため、どんな環境下でも、霊道が入ってくるようになってしまいました(汗)

もちろん、霊道が入ってきても、霊が留まることがなければ特に問題がないように思うのですが、実はその他にも少し困った問題があります。

通常、霊道は龍脈と対局な存在として認識されていて、龍脈は強い陽の気をはらみ、良い気質や運を引き寄せてくれる存在とされています。

それとは逆に、霊道は、強い陰の気をはらみ、負の気質を運び、運を持っていってしまう存在とされています。

そんな困った存在である霊道は、一度入ってしまうと、いつ出て行ってくれるか?分からないのが特徴で、長い時には数十年道が変わらないこともあるのです。

そこで、光瑠璃に付属させた効果として、丸一日(24時間)、家の中心付近に立てて置くか、吊しておけば、霊道を人の居ない場所まで自然とズラすことができる導きの効果が発揮されますので、是非役立てていただければと思います。

それでは、まだまだある光瑠璃の効果!続けて紹介したいと思いま〜す♪


★迦宮連結八式法陣(かぐうれんけつはっしき)

何だか難しい名前の法陣式名が出てきてしまいましたが、実はこれが光瑠璃の最大の特徴となる能力です!

実は、人間というのは、沢山の事柄や摂理との繋がりで生活をしています。

その繋がりの中で最も大切になる、時・空間・人・神・仏・霊・宇宙・大地(自然) は、迦宮(かぐう)という1つ1つの社(やしろ)を体内に形成し、その繋がりの強弱によって人生を実りの多いモノにするのか?幸の薄いモノにするのか?が決まってくると言われています。

難しい解釈はここまでにして(汗) 要するに、光瑠璃には、皆さんが人生で大切な関わりを持つ迦宮と言われるモノとの連結を強める作用があり、皆さんの人生をより良いものにしようとする効果が期待できるとワケです!

あれっ?ちょっとハショリ過ぎたかな(汗)

それでは、もう少し詳しく説明しましょうね(^O^)

光瑠璃の最大の特徴である迦宮連結八式法陣というのは、光瑠璃を通して、直通で、神様や仏様、ご先祖様や守護霊様に気持ちを伝えることができる法具と認識していただければと思います!

どういうことか?というと、通常、神社の神様であれば鏡!仏閣の仏様であれば、仏像!ご先祖様や守護霊様であれば、お墓や仏壇!というように、その方々と繋がりを強くする為には、その場所まで行き、媒体となるものに手を合わせ、直霊(なおひ)を使い交信をしなければ、その方と強く繋がることはできませんし、想いを伝えることもできません(汗)

足を運んだとしても、その方が、その日その時に必ずその場所での交信に応えてくれるとは限らず(汗) 時間や場所、天候や体調などにもよっても、繋がりが上手く行くかどうか?が決まってきてしまいます。

そこで、皆さんが神様や仏様、ご先祖様や守護霊様としっかりと繋がることができ、尚かつ、常にその存在を身近に感じ、その方々のお力をお借りすることもできる最強の媒体として、光瑠璃を使い、皆さんが、神・仏・霊との繋がりを大切にしていただければと私は願っています。

神仏とのご縁を繋ぐことは、それだけで大きな〔行徳〕となり後世安息を得ることができると言われています。

そして迦宮は人として産まれた者の〔幸徳〕とされ、その繋がりを強めることこそ最大の導きを得ることができるものです!

皆さんが光瑠璃を通して摂理に近づき、〔幸徳〕を得ることが幸せへの一番の近道になりますので、是非、光瑠璃を上手にお使いいただければと想います。


それでは、具体的な光瑠璃の使い方です。

光瑠璃はそのもの自体が強い媒体となっている為、神棚や仏壇の代わりにすらなります!

もちろん、皆さんのお宅にある神棚や仏壇に入れてお使いいただいても問題はありませんので安心してください。

その場合、神様に直接お話する際は神棚に、仏様やご先祖様、守護霊様にお話する際は仏壇にと、置く場所を移していただければと思います。

もし、ご自宅に神棚や仏壇が無い場合や、神棚や仏壇があったとしても、それとは別に光瑠璃の設置場所をもうける場合は、光瑠璃を東か南に向けられる場所に、立てかけて置くか、壁に吊していただける場所にセットしていただければOKです!

※霊障よけとしてお使いの場合は、寝かせて置いても大丈夫ですが、神様や仏様、ご先祖様や守護霊様と繋がる為にお祈りする場合は、必ず立ててお使いください。正面を向いて拝める角度であれば、多少斜めになってもかまいませんが、東か南に向くように設置してください。

それでは、その状態で、神様や仏様、ご先祖様や守護霊様とお話をしてゆきますが、必ず守っていただきたいことが2つあります!

1つ目は、神様であれば、神社と同じ、二礼二拍手をしてからお話をし、最後は一礼をしてくださいね。

仏様やご先祖様や守護霊様であれば、そのまま光瑠璃に向かい手を合わせ、お願い事やお気持ちを伝えるようにしましょう。

そして、もう1つ!神様や仏様の場合、必ず対象となる神様や仏様の「お名前」を告げてからお話をしてくださいね(^O^)

ご先祖様や守護霊様は、名前が分かれば「お名前」を告げ、分からなければ、「ご先祖様」「守護霊様」と告げていただければ、お相手も分かりますので、何卒よろしくお願いします。

光瑠璃は煌炎と同じく守護霊様の傷を癒し、守護力を高めてくれますが、実は煌炎とは違い、毎日守護霊様とお話してくれれば、際限なく守護霊様の霊格をも上げることができ、守護霊様自体がパワーアップしてくれる優れものです!

そこで、これは私のオススメの使い方なのですが、ご自宅にいる場合、光瑠璃を家の中心近く、東か南向きに置いていただき、悪鬼・羅刹・悪魔・悪霊・邪霊・霊道除けの効果を得つつも、守護霊様に手を合わせ、毎日お話をしてください。

その上で、お出かけの際は、光瑠璃を装着または効果範囲内に置いてご使用していただければ、完璧に使いこなすことができると思います!

そして、神社や仏閣に行く際も光瑠璃を装着していただきお参りをしていただければ、直通でお話が通りますので、是非試してみてくださいね。

ちなみに、お礼参りやご報告なども、光瑠璃を通して神様や仏様にお伝えできますので、ご参考までに(^O^)

神様や仏様、ご先祖様や守護霊様は、皆さんにとって、もっと身近に感じ、縁を強めて欲しい存在です。

もちろん、神様や仏様、ご先祖様や守護霊様も、それを望んでいます(^O^)

皆さんが沢山の神様や仏様と縁を繋ぎ、ご先祖様や守護霊様から愛され、人の持つ〔幸徳〕を正しく使えるようになりますように、光瑠璃を是非お役立てくださいね!


【まとめ】

透明「みなさ〜ん!興奮しすぎて、ちょっと話が長くなってしまいましたね(汗)

 ここで少し整理を兼ねて、光瑠璃の効果をまとめてみたいと思いますので、是非、参考になさってくださいね〜(^O^)」


★霊障除け
悪霊や邪霊の類に対して、その存在から身を守り、その影響を受けなくすることができます!効果範囲は、光瑠璃を中心に半径15メートル、効果範囲内であれば、装着していなくても効果は期待できます。

★契約破棄
悪鬼(鬼)や羅刹、悪魔と言われる存在との契約および影響を断ちきることができます!存在自体を退けるのであれば、効果範囲である半径15メートルが有効になりますが、契約が成されている場合は、光瑠璃を半径2メートル圏内に持ち、3日間常にお側に置くようにしていただければ契約は破棄され、存在を認識できなくすることができます。

★霊道除け
霊道を除け、道を曲げることができます。霊道が入っている家や建物の中心付近に光瑠璃を立てかけて置くか、吊して設置し、24時間そのままにしておいていただければ、敷地内の霊道は人のいない場所へ道を曲げてくれます。もちろん、霊道が入らないように予防することもできますので、同じやり方で1年に1度は行なっていただければ、霊道を敷地内に呼び込んでしまうことは無くなります。

★守護霊様の治癒・合力
光瑠璃を装着して10分程度で、守護霊様の傷を癒し守護力を高めることができます。それ以外にも光瑠璃を、東か南に向けて置き、手を合わせ、守護霊様とお話することで、根本となる霊格を高めることができます!霊格が高まるということは、守護霊様の守護力自体の器が広がることに繋がりますので、是非、守護霊様との縁を深めてください。東か南に向けて置く際は、トイレ以外であれば、どのような場所でも問題はありません。外出先でも行なうことができますので参考になさってみてくださいね。

★迦宮連結強化
光瑠璃は、神様や仏様、ご先祖様と直接繋がることができる法具です。ご使用の際、光瑠璃を東か南に向けて置き、手を合わせ(神様の場合、二礼二拍手一礼)、その御方のお名前を告げることで迦宮が開き、直接その御方へ言葉を届けることができます。もちろん、過度なお願いはスルーされることはありますが(汗) 直接言葉を運ぶことで、神仏とのご縁を深めることができますから、是非行なうようにしてください。この他にも神仏と繋がる方法として、光瑠璃を装着した状態で、神社や仏閣に行きお参りすることで、光瑠璃を通して直接神仏と繋がり、気持ちを伝えることができ、ご縁を深めることが可能です。

★加護
神仏と繋がりご縁をいただくということは、非常に希なことです!しかし、神仏は皆さんにとって、親と同じ以上の存在として縁が強く結ばれることを望んでもいます。神様や仏様の御加護は、その結ばれた縁の強さによって変わってゆきますが、沢山の神様や仏様とのご縁を繋ぐのか?一人の神様や仏様とより深くご縁を結ぶのか?それは皆さん次第なので御一考いただき、上手に光瑠璃を使っていただければ幸いです。


ご使用上の注意

・魔導書『グリモワール』に入れ、ピット『マカリオス』と連結させてご使用になる場合、光瑠璃は他の法具と違い、かなりの力を有しているため、魔導書1冊に光瑠璃1つを入れるようにお願いいたします。(光瑠璃用に魔導書をご用意いただくことになります。)

・マカリオスを通した場合も、悪鬼・羅刹・悪魔・悪霊・邪霊よけの効果範囲は、半径15メートルで変わりありませんので、その範囲内に居る皆さんが守られます。

・霊道(レイライン)を除ける用途でお使いの場合は、そのままお使いいただくか、連結させたマカリオスを吊るすことになります。

・お祈りの際は、必ず光瑠璃に向かって手を合わせましょう。(マカリオスを通して神様や仏様、ご先祖様と直接繋がることは難しいのでご了承ください。)
 光瑠璃を神様仏様だと思って手を合わせ言葉を伝えていただけたらと想います(^O^)

・光瑠璃の場合は、お祈りする場所と時間は選びません。(トイレは除く)

・光瑠璃を設置する方角は、東〜東南〜南であれば、厳密に東や南でなくとも大丈夫です。

・神社や仏閣に足を運んでお参りする際は、連結したマカリオスを装着していただく形でもOKです。

・守護霊様の傷を癒し、守護力を高めるのは、マカリオスを通しておこなえますので安心してください。

・持ち運ぶ際は、通気性の良い布などの袋に入れてください。光瑠璃の場合は、ジッパー付きのビニール袋や、ラップに包むようなことは避けてください。

・お届けするジュエリーケースに入れてご使用になる場合、効果を得るためには蓋を開けておくようにし、密閉空間に近い形は避けましょう。



透明「みなさ〜ん!以上が光瑠璃の使用方法になりますが、ショップブログの方でも再度説明をさせてもらいましたので是非ご参考ください(^O^)/

 それと、ここまででお分かりかと思いますが、実はこの法具!とてつもない効力の為、制作時にとてつもない力を注ぎ込まなければなりません!

 その為、これは本当に申し訳ないのですが、数に限りが出てしまうことをお許しください(;_;)

 なるべくアクセスが閉まってしまう前に、できるかぎり制作はしてゆくつもりですが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

 そして今回もサービスで、煌炎の下取りを行なわせていただきますね(^O^)

 金額等は下記に記載しておきますので、是非御一考いただけたらと思います。

 光瑠璃は、私と昴が心血を注いで作り上げた、真の法具と呼べるものです!

 皆さんの人生に沢山の実りを与えてくれる法具だと想いますので、是非楽しみにしていてくださいね〜♪」



ショップブログ「透明と昴のデコボコ日記」に、大切なことを書かせていただきましたので、必ず目を通してお考えください。

さらに今回は、具体的なそれぞれのお祈りの仕方を別ページで説明していますので、そちらもご参考になさってくださいね〜(^O^)/

ショップブログの『光瑠璃』のレビューもよろしければご参考くださませ。



販売価格
下取りなし:180,000円(税込)
下取りあり:176,000円(税込) ※下取り4千円

シルバー製の煌炎を4千円で下取りご希望の方は、下取り[あり]を選択してください。

・縦およそ3.5センチ (バチカン含む)
・横およそ0.7センチ (最大箇所)

・ゴールド製 (18金)
・核石:ダイヤモンド
・調整カン付きゴールドチェーン (18金/最長45センチ)

※18金製のチェーンは、とても繊細に作られております。チェーンが髪や衣服に引っかかったり、強く引っ張られたりしますと、切れてしまう恐れがございますので、くれぐれもご注意いただき、優しく丁寧にお取り扱いくださいますようお願い申し上げます。

※チェーンはサービスでお付けしております。チェーンは取り外せますのでお手持ちの革ひもやストラップなどに付け替えてお使いいただけます。
 法具の効果に何ら影響はございませんのでご安心くださいませ。 

※『ヴァンダルクル』のチェーン(シルバーの18金加工)も通すことができます。
 追加でチェーンをご希望の方は、商品カテゴリーの付属品(チェーン)からお求めくださいませ。

※毎日お使いいただく中で、18金製の繊細なチェーンの扱いにご不安がある方、アレルギー等の理由で他のチェーンや革ひもに取り替えてお使いになられるつもりの方、魔導書などに入れるのでサービス品のチェーンがご不要なお客様は、備考欄に「チェーン不要」とご記入くださいませ。本体のみをお届けいたします。

※チェーンのサービスに関しましては、繊細なチェーンではなく、しっかりとした太い18金チェーンを付属することになりますと、どうしても法具の価格にチェーン分(数万円)を上乗せしなくてはならなくなるため、透明先生の配慮でそのように(チェーンを価格に含めずサービスで)提供させていただいております。ご理解いただけましたら幸いです。


※下取りの方法は、18金製の光瑠璃が届きましたら、お手もとの煌炎本体とシルバーチェーンを当店までお送りください。
 (破損していてもかまいません。)
 返送にかかる宅配便の送料などは、大変申し訳ございませんが、お客様でご負担くださいませ。



発売時期とお届けについて

 2015年5月17日(日) 夜20時00分から発売5月17日(日) 夜20時15分完売いたしました。(5月〜6月にお届けいたします。)
 2015年6月28日(日) 夜20時00分から販売6月28日(日) 夜20時08分完売いたしました。(7月中旬頃から順次発送いたします。)
 2015年8月23日(日) 夜20時00分から販売8月23日(日) 夜20時55分完売いたしました。(9月上旬から順次発送いたします。)
 2015年10月31日(土) 夜22時00分から販売10月31日(土) 夜22時7分完売いたしました。(11月中旬から順次発送いたします。)
 2015年12月20日(日) 夜20時00分から販売12月21日(月) 朝7時49分完売いたしました。(1月中旬から順次発送いたします。)
 2016年2月21日(日) 夜20時00分から販売2月26日(金) 夜3時12分完売いたしました。(3月上旬から順次発送いたします。)
 2016年5月18日(水) 夜23時00分から販売5月18日(水) 夜23時17分完売いたしました。(5月中に発送いたします。)
 2016年6月29日(水) 夜23時00分から販売6月30日(木) 16時25分完売いたしました。(7月中旬から順次発送いたします。)
 2016年8月28日(日) 夜20時00分から販売8月31日(水) 朝9時50分完売いたしました。(9月中旬から順次発送いたします。)
 2016年10月16日(日) 夜20時00分から販売12月19日(月) 夜2時00分完売いたしました。(11月中旬から順次発送いたします。)
 2017年1月22日(日) 夜20時00分から販売2月5日(日) 夜22時07分完売いたしました。(1月下旬から順次発送いたします。)
 2017年4月1日(土) 夜21時00分から販売5月28日(日) 17時44分完売いたしました。(4月中旬から順次発送いたします。)
 2017年9月1日(金) 夜22時00分から販売9月6日(水) 夜19時28分完売いたしました。(9月中旬から順次発送いたします。)
 2017年11月17日(金) 夜22時00分から販売11月18日(土) 朝6時8分完売いたしました。(11月下旬から順次発送いたします。)
 2018年1月1日(月) 夜21時00分から販売1月12日(土) 15時34分完売いたしました。(1月下旬から順次発送いたします。)
 2018年4月6日(金) 夜22時00分から販売4月12日(土) 夜21時44分完売いたしました。(4月中旬から順次発送いたします。)

 2018年7月21日(土) 夜21時00分から販売いたします。(8月上旬〜仕上がり次第、順次発送いたします。)


 光瑠璃は、他の18金製法具(受注生産や予約販売)とは違い、制作できた数のみを販売いたします。

 ご注文をうけたまわるのは、今作られている光瑠璃です。

 核石はございますが、透明先生からの説明にあったとおり、先生が法具に込める御力が必要になりますので、制作には限りがございます。

 最終的に販売できる数は未定で、たくさんお作りすることできないこと、大変心苦しいのですが何とぞご了承くださいませ。

 「売り切れ」の表示になりましたら暫くお待ちください。光瑠璃が出来上がりましたらHPでご案内いたしますので、よろしくお願いいたします。


_______
☆ お知らせ ☆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
歳神様の宿り木としてのご要望を数多くいただき、ありがとうございます。

天ノ巡り御行幸 は、忙しく飛び回っている歳神様の休憩場を作る方法で、その宿り木にて歳神様が休むことができます。

場を提供してくださった方には、きっと歳神様も沢山の気づきをくれると思いますので、一年を良い形で過ごすチャンスが舞い込んでくると思います。

実がなっている千両・万両・南天をご用意できない方は、代わりに光瑠璃をご活用くださいませ。


・宿り木としての効果を光瑠璃に担ってもらう場合は、家の中に置いておく必要がありますが、光瑠璃なら玄関にかぎらず、どのお部屋に置いてもOKです。

・宿り木にする方法は、 東か東南か南に向けて立てた光瑠璃に向かって手を合わせ、次の言葉を言います。

「歳神(さいしん)様に申し奉ります

 この世(せ)この時、御行(おんぎょう)にて、

 神心(みこころ)をいただき、感謝しております
 
 歳神(さいしん)様が、御身(おんみ)を

 休める場としてお使いいただけますよう

 謹んでお願い申し上げます」


 呪文を唱えた後は、そのまま光瑠璃を東か南東か南側に向けて立てかけて置いていただければOKです。

・光瑠璃の場合は、お供えの粗塩とお水は、特におこなわなくて大丈夫です。

・光瑠璃を宿り木にした状態のまま、神様や仏様やご先祖様にご挨拶やお祈りをしていただいても何ら問題はありません。

・お祈りした後、宿り木の呪文を唱え直す必要はありません。

・宿り木にしていた光瑠璃を装着して使用した後は、宿り木の呪文を唱えておいた方が確実ですのでよろしくお願いいたします。


参照ブログ記事→天ノ巡り御行幸 (歳神様から愛され仲良くなる方法)


型番 N020
在庫状況 注文受付開始までお待ちください
下取り
購入数
売り切れ